MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

辛いものマップ

ANNOUNCER

KBCアナウンサーブログ奥田 智子

清く、正しく、美しく

2020年01月15日

奥田 智子

1月12日の「サトコノヘヤ」のゲストは
福岡県警の現役女性警察官、
森 壽警部。

わたしが昨年まで委員だった福岡県警中央署協議会の
お世話係を務めてくださった。

背はすらりと高く、
かつての「ミス佐賀」!!

まさに「清く、正しく、美しく」を全うしていらっしゃる方だ。

男女共学採用の初年度生。
厳しい警察学校を卒業後、試験を受けて
巡査→巡査長→巡査部長→警部補→警部と
階級を上がってきた。

男性社会の典型ともいえる警察組織で
ひるむことなく模索をつづける中、
20代の頃、性犯罪の被害者に寄り添い、
「私の役割はこれなのだ」と背中に電気が走った。
その付き合いは今も続いているという。

2児を出産後乳がんが見つかり、摘出手術を行った。
しかし、放射線治療を行いながら仕事を続けた。
どこまでも明るい頑張り屋ママ。

福岡県警の女性警察官の割合は7.9%。
その割合を2023年までに10%に上げる目標を立てている。

森警部が活躍することで
後に続こうと頑張る女性が増えてくれればいいと思う。
森警部を語るときに
”女性”とつけなくてもいいような世の中にしなくてはいけない。

18日までradiko.jpのタイムフリーで、
そのあとは「サトコノヘヤ」のホームページで。