MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

宅配・テイクアウト・お取り寄せリスト

ANNOUNCER

KBCアナウンサーブログ奥田 智子

「北方謙三水滸伝」ひとり400役!

2020年03月30日

奥田 智子

2011年4月4日からKBCラジオ発で放送してきた
ラジオ活劇「北方謙三水滸伝」で
男性の声400役以上を務めた
声優・野島裕史さんが今回の「サトコノヘヤ」のゲスト。

お父様は声優、野島昭生さん、
弟さん野島健児さんも声優。

これは、声優の道まっしぐら?と思ったら…
意外に苦労人だ。

裕史少年が虚弱体質だったため、
一家は東京を離れ大分竹田へ。
農地を借りて自給自足の生活を始めた。

裕史さんはそのまま大分で放送制作会社に就職、
ミキシングの仕事をしながら
少しずつナレーションの仕事をしていた。

そのうち一家は東京へ。
追いかけるように上京し、
声優になるべく父のプロダクションを応募。
ところが…
父親が声優だからと言ってこの道は甘くない。

見事に落ちた。

養成所に入り直し演技の勉強を続け、
遠回りの末ようやく2000年にデビューしを果たした。

その後は「イナズマイレブン」「弱虫ペダル」「黒子のバスケ」など
多数作品に出演。親子3人そろって出演も経験した。

KBCラジオで放送していた「北方謙三水滸伝」では、
なんと男性の声400役以上を演じた゛超絶ヴォイスチェンジャー”。
声優の中でも同じ番組でこれだけの役を演じ分けた人は恐らくいない。
今回は現在放送中の「朱雀の章」の中の、
王進、魯達、陽令、李逵(りき)の会話を再現してもらった。

凄・い・で・す・ね~~~!!これぞプロの技!

都内の収録スタジオ間は趣味の自転車を乗り回すという。
おかげで風邪を引かなくなったそうだ。
子どもの頃の田舎暮らしが今の野島裕史を支えているのだろう。

4月4日まではradiko.jpで、
そのあとは「サトコノヘヤ」のホームページでお楽しみください。

なお、「北方謙三水滸伝」は、現在毎週日曜日夜10時~10時半放送中。
初めから聞いてみたい方はaudiobook.jpでどうぞ。