MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

宅配・テイクアウト・お取り寄せリスト

ANNOUNCER

KBCアナウンサーブログ奥田 智子

セルフプロデュースの究極を行く

2020年07月20日

奥田 智子

自分で曲を作り、歌い、宣伝、販売、配信…。
7月19日の「サトコノヘヤ」のゲストは、
大分出身のシンガーソングライター、蘭華さん。
彼女にセルフプロデュースのなんであるか?を学んだ。

大分中津出身。
将来は、アナウンサーになりたくて
高校生の時はKBCのアナウンススクールに通っていた。(松田先生だったそうだ)

ある日カラオケコンクールに出場、
入賞したのを機に歌手を目指して上京、
渋谷や六本木のライブハウスを回った。

しかし、デビューまでの道が描けない。

ある日、自分で曲を作らなくてはと一念発起。
鼻歌で作曲してボイスレコーダーに収録、あとからコードをつける。
全くの独学。

ようやく苦節10数年でデビューを果たした。

次は販売。
スナック100軒キャンペーン。
2019年は毎週末、開いているスナックをまわりCDを手売りした。
関東、出雲、大分、宮崎…。
畑で取れた野菜をおすそ分けしてくれたり、お通しを食べさせてくれたり…。


コロナ過でライブイベントがすべて中止。スナック回りもできない。

すると、配信を道を模索。

中村哲医師のことを歌にした「愛を耕す人」、
コロナ過で医療従事者や、
ライフラインを支える人たちに感謝の気持ちをこめた
「あなたに愛されて」
自宅で曲作りに励んだ。
今は楽曲提供も。

「夢は、生きている間にヒット曲を作りたい」

80になっても90になっても曲を作っていきたい、という。

立ち止まっている暇はない。
今できることはすべてやる。
この生きる力を見習いたい。

  • アナちゃんねる
  • KBCアナウンサー Instagram
  • KBCアナウンサー TikTok