MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

宅配・テイクアウト・お取り寄せリスト

ANNOUNCER

KBCアナウンサーブログ奥田 智子

手笛奏者 なかしま拓さん

2021年02月11日

奥田 智子

指笛ではない。口笛でもない。
両手を組んで、手の中の空洞に息を吹き込む。
まるでお祈りするように…。

手笛奏者として、パフォーマーとして生計を立てていらっしゃるなかしまさんは、
雪の日であろうと、雨の日であろうと、
毎日、天神の大画面前で演奏している。

1995年博多区生まれ。
高校1年から始めた手笛は、
母子家庭で楽器を買うお金がなかった中で考え出した自己表現だ。

見よう見まね。完全に独学。音が出るまで3日かかった。

福大3年の時に
歌で路上ライブをしようとおもった。
いざ、夜の春吉橋に立つと、
足がすくんでなにもできない。
じゃあ手笛で、と演奏を開始して2時間が経過したとき、
ボロボロの服を着たお爺さんが、
彼の顔をぐっとにらみ、
やおら胸倉をつかむと胸に手を入れて去っていった。

恐る恐る胸元を探ると、
くちゃくちゃの1000円札が入っていた。
そのお爺さんが、なかしまさんの最初のお客様だ。

大学を卒業し、
教員免許を取ったが、
最初から人生のレールに乗ることを辞めた。

—その強い気持ちはどこから?何を信じて?収入も安定しないし…

コロナ前はイベントもあって、収入もあった。でも今は…。
路上ライブをやっていると、
応援してくれる方の声を一番近くで聞くことができる。
これが、僕の力になる。

毎日3時間の演奏をしている。
手にも思わぬ力がかかって小指を骨折したこともある。
今でも左の小指がうまく動かない。

ーやりすぎもよくない?

長い日は15時間演奏していた。
意識が遠のいて何をやっているのか?なぜやっているのか?わからなくなる。

2018年、ニューヨークのアポロシアター、アマチュアナイトに出演した。
予選から並んで日本ではありえない歓声をあびた。
4位だった。惜しかった。

ー昨年ユーチューブ上で行われたオールジャパンパフォーマンスコンテスト
「like the best」で2位に!すごいですね。
でも、1位じゃなかったんで。

3月にはアルバムを発売予定。


春吉橋でもしもだれも足を止めなかったら?
もしもお爺さんが
チップを胸元に差し込んでくれなかったら?
なかしま拓さんの人生は変わっていたかもしれない。

今やれることを100%の力でやっていたら何かがつかめるときがある。

何かを信じて生きてる人って美しい。
蛯名健一さん、スーザンボイルさんが出た
「アメリカンズ・ゴッドタレント」に出たいという夢、かなえてあげたくなる。

*なかしま拓さんに会いたい人は、
 まず、天神の大画面前にお昼前後立ち寄ってみてください。
 また、SNSはすべてやっているので「なかしま拓」で検索を。

2月7日「サトコノヘヤ」のインタビュー、演奏はホームページでお聞きいただけます。

  • アナちゃんねる
  • マツシタユイチューブ
  • KBCアナウンサー Instagram
  • KBCアナウンサー TikTok