MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

辛いものマップ

ANNOUNCER

KBCアナウンサーブログ富田 薫

『ホビットの冒険』『指輪物語』の誕生の原点となる実話!       『トールキン 旅のはじまり』

2019年08月30日

富田 薫

手掛けた作品はあまりにも有名なのに、これまでクローズアップされることのなかったJ・R・R・トールキン。

 映画化しようとしたスタンリー・キューブリックが、あまりにも「壮大すぎて」あきらめたとされる『指輪物語』。その原作者J・R・R・トールキンの半生記だ。

 原作を読んでいなくても、ピーター・ジャクソン監督が三部作として映画化したので、その「壮大すぎる」設定をご存じの方も多いだろう。

 だからといって、トールキンは幼いころから幸せで、ファンタジーの世界で夢想していたと思ったら大間違い。物語は、第一次世界大戦の凄惨なシーンで幕が開く。

 主役は『X-MEN』のビースト役、ニコラス・ホルトと聞いたときは正直ってピンとこなかったが、戦火をかいくぐって成長する人物像を完璧に演じていた。

 12歳の時に母を失った彼は、後見人の神父の計らいで、弟とともに裕福な家庭に引き取られキング・エドワード高に通う。周りは上流家庭の子息ばかりだから当然孤立するが、幸いなことに才能も人間力もある仲間に恵まれ、「芸術の力で世界を変える」ことをスローガンとするクラブを結成する。

 この3人の友人が物語のキーマンで、その少年時代を演じる若手俳優も拍手モノ。より高きを目指す彼らに刺激を受けて、自らも創作力を磨くことになる。

 そして、やはり孤児で後に妻となるエディス・ブラット(リリー・コリンズ)と出会い、ドラマチックな恋愛模様も展開されるが、それらのいずれの場面にも意図的に戦場のシーンが織り込まれ、不安と希望が錯綜する大胆な演出になっている。

 彼が「言語学」に関して並々ならぬ才能を発揮したことやオックスフォードの教授という“大家”にまで上り詰めたことも描かれるが、それが主題ではないことが終盤で分かり、そこまでに強調された「戦場で生死の境を彷徨(さまよ)ったこと」が『指輪物語』に影響を与えたと示唆される。

 最後は、彼が「ある作品」を書き始めるペン先の映像で終わる。そのシーンによって、数々の名作が想像力だけで描かれた単なるファンタジーではなく「形を変えた実話」であったことがわかり、言いようのない感動に包まれるのだった。

※2019年8月30日 全国ロードショー この作品は「PG12」です。

『X-MEN』のビーストでおなじみニコラス・ホルト(左)と『あと1センチの恋』のリリー・コリンズが共演。彼女が「エルフの王女」のモデルとされる。
キーマンとなるトールキンの友人たちの演技も秀逸。
『指輪物語』の内容に触れるシーンもあるにはあるが…。
(C) 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation