MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

宅配・テイクアウト・お取り寄せリスト

ANNOUNCER

KBCアナウンサーブログ富田 薫

「ハチャメチャ」なのに、続きがナゼか楽しみで…。 映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』

2020年03月16日

富田 薫

(C) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved  TM & (C) DC Comics

 「DC映画」にまたしてもやられた!

 昨年のこのコラムで、やはりDCの『ジョーカー』を取り上げた際に「劇場を出た時の感覚は『イージー・ライダー』や『タクシードライバー』のそれに近い」と書いたが、今回は『時計じかけのオレンジ(1971)』だ。

 あの作品が「表面上は暴力を扱っているが、真意は社会風刺」だったのと同じように“ハーレイ・クインが放つ暴力性”は、あくまでも「抑圧された女性たち」を解放するパワーとして描かれている。

ハーレイ・クインのルックスと行動とのギャップについていくのは苦労するが、慣れれば“快感”に変わってきて…。

 あらすじはこうだ…『スーサイド・スクワッド(2016)』で“ジョーカーの恋人だった”ハーレイ・クインは、彼との失恋を機にそのハチャメチャぶりを加速させ、街にはびこる悪党どもから命を狙われる存在になっていた。

 そんな敵から自らを守ると同時に“謎のダイヤ”をめぐって、ユアン・マクレガー扮する“ブラックマスク”と対決することになり、クセのある女性ばかりを集めてチームを結成する…というお話。

ユアン・マクレガー扮する“ブラックマスク”のワルぶりが滑稽に見えるのも演出か?

 特筆すべきは、主人公ハーレイ・クインを演じるマーゴット・ロビーだ。ここ数年を振り返っても『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017)』でトーニャ・ハーディングを演じてアカデミー主演女優賞ノミネート。日本で今年公開された『スキャンダル(2019)』のニュース・キャスター役でもアカデミー助演女優賞にノミネートされての本作。

 変幻自在にキャラを演じ分けるその才能を前にすれば、中途半端な若手女優は「裸足で逃げ出す」レベル。もちろん演技の上手いハリウッド女優は数多くいるが、彼女の場合は「時代が求める存在感」を身にまとっているのが強みだ。

ハーレイ・クインを取り巻く女性キャラクターは、いずれも自分の環境に憤りを感じていて…。

 自分たちの年代には懐かしい「ローラーゲーム」が登場し、クライマックスでの“ブラックマスク”との対決は漫画チックな展開。さらには、ここでそんな武器使うはずないだろ!というツッコミどころが満載。

 しかし、最後の最後に披露される彼女のセリフは、呆れることを通り越して快感すら感じるのだった。

 ※2020年3月20日(金)から、T・ジョイ博多、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13ほかで全国ロードショー
 ※この映画のさらに詳しい情報はこちらまで→http://wwws.warnerbros.co.jp/harleyquinn-movie/

次から次へと「そんなことあるはずねぇだろ!」という場面の連発なのに、最後には“新しいジャンルの映画”とも思えてきて…。