第73回福岡国際マラソン選手権大会

12月1日(日)正午~ テレビ朝日系列など全国29局ネット実況中継

大会要項

大会名称 第73回福岡国際マラソン選手権大会 兼 マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ ~東京2020オリンピック日本代表選手選考競技会~
期日 2019年12月1日(日) 12時10分スタート
コース 福岡朝日国際マラソンコース (平和台陸上競技場・大濠公園~福岡市西南部周回~香椎折り返し)42.195km
マラソンの他に、15km、20km、ハーフ、25km、30kmの記録が公認される。
ただし、完走した競技者が対象
参加資格
  1. 2019年度日本陸上競技連盟登録者で、2017年12月1日以降、申込期日までに国内外の公認競技会において、日本陸上競技連盟登録者として下記の公認記録を出し、大会当日満19歳以上の男性競技者
    Aグループ 1)マラソン 2時間27分以内
    2)30kmロードレース 1時間35分以内
    3)ハーフマラソン 1時間05分以内
    Bグループ 1)マラソン 2時間35分以内
    2)30kmロードレース 1時間45分以内
    3)ハーフマラソン 1時間10分以内

    ※記録については、記録証明書または陸上競技マガジン記載部分(ともにコピー可)を提出のこと。
    記録証明書は公認競技会で日本陸上競技連盟登録者として記録したことを証明できるものに限る。
    記録証の紛失や上記を証明できない完走証の場合はレースを主管した各都道府県陸上競技協会に申請し、改めて発行してもらった記録証を送付すること。
    参加資格が福岡国際マラソン選手権大会での記録の場合は送付の必要はない(陸上競技マガジンの場合は、発刊号およびページを記入のこと)。

  2. 主催者が推薦する男性競技者
  3. 主催者が招待する国内外の男性競技者
競技規則 2019年度国際陸上競技連盟(IAAF)ならびに日本陸上競技連盟競技規則および本大会規定による。 なお、本大会は、IAAFが認定するゴールドラベルレースであるので、IAAF Road Race Label Regulations (IAAFロードレースラべリング規定)ならびに競技会における広告物および展示物に関する規程(国際)(IAAF Advertising Regulations)も適用される。ユニフォームのロゴの大きさ等国内の規定と異なる部分があるので注意すること。
競技方法
  1. Bグループのスタートは大濠公園とする。(ただし、Bグループ競技者の一部が、平和台陸上競技場スタートになることもある)
  2. 各関門の閉鎖時間を次の通り設定する。それ以降は交通規制を解除するため競技者はレースを続けることはできない。
    距離 5km 10km 15km 20km 25km 30km 35km 40km
    経過時間 19分30秒 39分 58分 1時間17分 1時間36分 1時間55分 2時間14分 2時間33分
  3. 各関門を通過後、次の関門閉鎖時間をオーバーすると思われる競技者と、競技役員が競技続行不可能と判断した競技者は、途中でもレースを中止させる場合がある。
  4. 関門閉鎖時間を過ぎた競技者およびレースの中止を命ぜられた競技者は、ナンバーカードを取り外し、指示された収容車に乗車すること。
  5. スペシャル飲食物の受付は、Aグループの競技者のみとする。
  6. 競技中、交差点や横断歩道では交通状況等により、競技者を停止させ車両や歩行者を横断させる場合があるので、係員の指示に従うこと。
表彰 レース終了後に、福岡国際マラソン選手権大会として1位から8位までを表彰する。