MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

エリアのニュース

台風10号 15日に四国付近に上陸か

福岡

08/15 00:49

大型の台風10号は15日昼ごろ、九州北部地方へ最接近した後、夜には日本海へ進む見込みで、気象台では警戒を呼びかけています。

大型の台風10号は、14日午後11時には、種子島の東およそ160キロの海上を、1時間におよそ15キロの速さで北へ進んでいると見られます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、15日、四国や豊後水道付近を通過した後、西日本を縦断する見込みです。

九州北部には15日昼ごろに最接近すると見られ、15日の24時間の雨量は、多い所で福岡200ミリ、佐賀150ミリと予想されます。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

8月15日(木)のニュース