MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

全国のニュース

公共投資や住宅販売など増加 GDPは2期連続プラス

経済

05/20 11:47


 内閣府が発表した1月から3月期の実質GDP(国内総生産)成長率は年率で2.1%で2期連続のプラス成長となりました。
 1月から3月期の実質GDPは、政府の公共投資が大幅に増えたことなどで年率で2.1%のプラスとなりました。消費増税前の駆け込み需要で住宅の売れ行きも前の期と比べて、プラス1.1%と好調でした。一方、個人消費は食品の値上げが相次ぎ、暖冬で衣料品も売れず、マイナス0.1%でした。企業の設備投資と輸出もアメリカと中国の貿易摩擦の先行きが見えず、減少しています。
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング・小林真一郎主席研究員:「米中の貿易摩擦のエスカレートによって一段と落ち込むことになれば、景気全体も悪化する可能性は非常に強い。消費税率引き上げは中止すべきだ、という意見が出てくる可能性もあるかと」

5月20日(月) の記事一覧