MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

全国のニュース

ヘルメットかぶりミサ ノートルダム寺院 火災後初

国際

06/17 19:49


 火災の後、初めて行われたミサはヘルメット姿でした。
 パリにあるノートルダム大聖堂の大火災からちょうど2カ月となった15日、火災の後、初めてとなるミサが付属施設の礼拝堂で営まれました。天井部分が崩落する危険があったため、参加者は司祭ら30人ほどに制限され、全員がヘルメットを着用しました。ミサを取り仕切ったオプチ大司教は「希望と感謝のメッセージだ」とあいさつしましたが、ヘルメットをかぶってのミサは「少し奇妙だった」と話しています。マクロン大統領は5年以内に大聖堂の再建を目指す考えを示していますが、疑問の声も上がっています。

6月16日(日) の記事一覧