MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

宅配・テイクアウト・お取り寄せリスト

全国のニュース

30mを超える暴風も 北日本の日本海側は吹雪に警戒

社会

12/02 11:52


 北日本は、1日から荒れた天気が続いていて、2日も瞬間的に30メートルを超える暴風が吹いています。雪の量も多く、ふぶいて見通しが悪くなっている所があります。
 日本列島の上空には強い寒気が流れ込んでいます。
 この影響で、北日本の日本海側は暴風が吹いていて、山形県の飛島で36.4メートル、秋田で29.2メートルなど今シーズン一番強い風を観測しています。
 この後も、夕方にかけて30メートル以上の最大瞬間風速が予想されています。
 また、広い範囲で雪も降っていて、富山や仙台などでは初雪を観測しました。
 札幌でも午前11時には14センチの雪が積もり、除雪のためのササラ電車が今シーズン初めて出動しました。
 強い風と雪で、ふぶく恐れがあり、この時間も北海道には暴風雪警報が出されています。

12月2日(木) の記事一覧