放送内容

『2020年、今年の台風を振り返る!』

2020年11月21日

第21回目のテーマは、『 2020年、今年の台風を振り返る!』

SDGsの目標とどのような関係があるのかご紹介します。
目標11『住み続けられるまちづくりを』
目標13『 気候変動に具体的な対策を 』

さぁこの時間は、SDGsを考えるきっかけとして
「地球環境の話」についてKBCお天気センター岡 雄介さんにお伺いします。

先月は「地球温暖化が進んだ未来」について話していただきました。
その中で、温暖化が進むと台風の発生数は変わらないものの、
1つ1つの勢力が大きくなると教えていただきました。
そこで今日は。その話題をより身近に考えるために、
今年の台風を振り返ります。

♦今年の台風シーズンの被害
 ・台風シーズンといえば8月や9月のイメージがありますが、
 実は今月も台風が発生しています。
 今年の累計でいうと、今日までの台風発生数は22個と、
 例年よりはやや少なくなりました。
・今年の7月に台風が1つも発生しなかったのは1951年の統計開始以来初めてでした

♦改めて、台風の発生する仕組み
・発達した熱帯低気圧とまとめられる。
 熱帯で空気が暖められ上昇気流となり、
 暖かい海から水蒸気を吸収していき、大きくなったもの。
・そんな中、今年は12年ぶりに台風の“日本列島への上陸”がありませんでした
 統計開始の1951年以降、台風の上陸がなかった年は
 今年を含めて「5年」ととても珍しいのです。
 これに関しては、今年は梅雨で大きな被害がなかった分、 
 台風が直撃しなくてひと安心!

♦今年の台風
・今年の台風で特筆すべきなのはやはり「台風10号」
・上陸はしなかったものの、「特別警報級の勢力」と話題になりました。
 台風の特別警報は、台風の中心気圧や最大風速の予測をもとに、
 極めて危険な台風が接近した場合に発表されます。
 今回実際に発表されることはありませんでしたが、
 それだけ大きな台風が接近していたことは事実です。

♦台風の勢力が強まっている要因の一つ、地球温暖化
・近年は勢力が大きい台風の接近や上陸が相次いでいます
・2018年の台風21号は関西国際空港が水没するなど、
 近畿地方や中部地方を中心に大きな被害をもたらしました。
・2019年の台風15号は千葉でゴルフ場のネットが転倒するなど
 こちらも大きな被害をもたらしました。
・温暖化による海水温の上昇などその要因は様々ですが、
 来年以降も台風シーズンは厳重な注意が必要。

♦今からでも被害に備えた準備を
・今年の台風10号の時に養生テープで窓の補強をされた方も多かったと思いますが、
 仮補強、飛散防止にすぎません。
 これを機に、きちんとした飛散防止フィルムに変えるなど
 より安全な窓の補強を行うことが大切です
・また、スーパーやコンビニから食料がなくなったことを考えると、
 普段から飲料水や一定の食料(インスタントラーメンなど)を
 ストックしておくという事も改めて重要です


✽.*:.。.❁.。.✽.。.:*:.。.❁*:.。..❁.。.今日のひとこと✽..。.:*.:。.✽.。.:*:.。.❁.。.*.。.✽
❁       台風の勢力は年々強まっています。日ごろから備えを。      ❁
✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。..❁.。.:*:.。.✽..。.:*:.。.❁.。.。.:*:.。..✽.。:*:。.✽..。.:*:.。..。..✽

過去の放送内容