採用情報 KBC RECRUITING SITE

MY PAGE
2023

報道情報局 報道情報センター 早稲田大学政治経済学部経済学科 山﨑 天晴

学生時代
画像

サークルで野球をしながらも時間はたっぷりあったので海外のことを知りたい!と思い、アメリカやベトナムに行きました。

01 志望理由

KBCに行きたい!と思ったのは就職活動の終わり際です。東京で働くつもりで、色々な業界の人と関われる仕事がしたいなとコンサルティング会社ばかり受けていました。
次第に、地元福岡で働きたいと思うようになり、慌てて放送局のESに没頭。政治からグルメまで色んな分野の人と仕事ができ、かつ福岡に根付いている番組の制作ができる放送局で働きたいと思い、アサデスを見て育ったのでKBCを選びました。

画像

「高校野球で捕手してました」
から始まったキャッチング企画。
過去の経験がすべて生きるのが放送局だと思います。

02 現在の仕事内容

警察担当記者なので、事件や事故、災害をメインに扱います。事件事故が発生すると現場に行って取材し、災害時は現地での取材に加えて中継をすることもあります。一方で、日頃はコロナ関連や小学生の入学式などの取材にも行くことも多いです。事件の時は心が痛むこともありますが、「広く深く」色々な事を学び経験できる仕事だと思います。

画像

台風の全国中継。
視聴者に何を呼びかけたいか考え、伝えます。

03 入社前後で感じたギャップ

「ギャップがない」というところがむしろギャップでしょうか。色んな事が学べるのも想像通りですし、忙しさも予想通りです(笑)。明るい人が多く、活気に溢れている社風も入社前から続くKBCのイメージです。
ただ社会人になって想像以上に自分で責任を持たなければいけないことは増えたので、これは私に限ったことかもしれませんが、今まで自分は甘えていたんだなと感じました。

画像

VTRに合わせ、ボタンを押すことで
テロップを入れていきます。

04 KBCの好きなところ

みんなが温かいところです。尊敬できる人が多いというかなんというか。分からないことを質問したら教えてくれますし、背中で示してくれる人たちもいます。
そして、みんなが明るい。KBCに入って損はないと思います!

画像

好き嫌いはありません。なんでもおいしく食べます。

05 未来の後輩へメッセージ

手書きのESをひーひー言いながら書いた記憶があります。途中で、もう書くの諦めようかななんてことが頭をよぎりました。でもあの時、書いてよかったと本当に思います。
「漠然とした興味はあるけど、本当に行きたいのかは分からない」
「テレビは昔見ていたけど、今はあんまり。けど楽しそう」
ESを書く時点での私がそうでした。
面接を受けながら、本当に行きたい会社なら、だんだん志望度も高まっていくものだと思います。とりあえず前に進んでみてください!
一緒にKBCで働けたら嬉しいです!!KBCをみんなで盛り上げよう~

画像

友人とドライブで糸島に行った時。「もし私の願い事が叶うならば翼が欲しい」が叶った瞬間でした。