採用情報 KBC RECRUITING SITE

MY PAGE
2023

PEOPLE

社員紹介

さまざまな部署で活躍するKBC社員たち

掲載日:2021.09.10

総合営業本部 石田 大我

2017年入社
報道部に配属後、九州北部豪雨の災害現場取材を担当。刻一刻と迫る災害の危険を目の当たりにした。災害時の情報収集だけでなく日頃の防災意識の大切さを実感し、災害報道・被災地取材に尽力。あらゆる現場での機敏な取材と的確なリポートは社内外からの信頼も厚く、KBCに石田ありと言われた。
現部署に異動後もフットワークの軽さと丁寧な取材力を生かし、めきめき頭角を現している。テレビは出るのも好き。

現在の仕事内容

KBC本社の総合営業本部で営業の仕事をしています。放送局の営業って何をする仕事なのか、あまり想像がつかないかもしれませんが、私は主にテレビCMの枠や番組をスポンサーに販売する仕事をしています。スポンサーのニーズに応えるために、広告代理店とタッグを組んでの仕事も多いです。
と、偉そうに語っていますが、異動してまだ1年で、昨年までは報道情報センターという部署で報道記者として働いていました。記者時代は、日々エリアで起こる事件、事故などの取材に奔走していましたが、異動後は一転、ビジネスマンとして一から勉強の日々を送っています。報道記者と営業マン。転職した感覚になるくらい別世界で、毎日が新鮮です。
一方で、人と向き合い、相手の中に飛び込んでいったり、自分の思いや考えていることを伝えたり、共通する部分もたくさんあります。営業先で「話し方が報道記者っぽいね~」とよくイジられます。笑

画像

報道記者時代。
福岡・佐賀の現場を駆けまわっていました!
取材したニュースについて、
スタジオで解説をすることも

やりがい

私たちが販売するコンテンツの多くはKBCがオリジナルで制作した自社番組です。日々のレギュラー番組から年に一度の特別番組、スポーツ中継など様々なコンテンツがあるのですが、いずれも、同じ職場で働いている人たちが作ったコンテンツを売っているわけです。そのため、その番組にどんな思いが込められているか、どんな面白いポイントがあるのか、近くで見ている私たちが一番知っています。ではそのコンテンツがクライアントや地域の人にとってどういう価値になるのか?どうしたらwin-winになれるのか?そのことを考えるのが営業の仕事です。もちろん、うまくいかずに反省することも多々ありますが、自分たちが誇りを持って制作しているコンテンツに価値を感じてくれて、賛同してくれた時の喜びは格別です。そして、自分たちの存在が、相手のプラスになれたときは喜び倍増です。この方々のためにもっと頑張ろうと思えます。

画像

テレワークが導入され、
会社以外の場所で仕事をすることも

一緒に働きたい人

“熱”を持った人と一緒に働きたいです! 視聴者をワクワクさせられるような面白い番組を作ることも、社会に一石を投じるような質の高いニュースを出すことも、クライアントに新たな価値を提供することも、どれも“熱”がないとできません。KBCに入社して5年、私も、社内のいろんな人の情熱に触れ、影響を受けてきました。一見、クールに見える人も、心の中は燃えています。私は、小学校から大学まで野球をやってきて、チームプレーが大好きです。自分が失速気味の時、「何やってるんですか!」と叱咤激励してくれるような、高め合える仲間と働きたいです。

画像

高校球児としてKBCに取材され、
テレビを意識するように

野望

放送局が直接、けがしている人を助けたり、事件の犯人を捕まえたりすることはできません。
おいしい料理を提供したり、絶景スポットに皆さんをお連れしたりすることもできません。しかし、情報や映像を使ってなら、人々の生活を豊かにすることができます。事件や自然災害で傷つく人を少なくすることができる可能性もあります。あらゆるツールを駆使して、もっともっと地域のためになれるKBCにしていきたいし、自分自身が地域にとって必要な存在になっていきたいです。

DAY OFF
画像

休暇を使って会社の先輩と海外へ!
休日が多いのも魅力です

SCHEDULE
時刻 仕事内容
9:30 出社&メールチェック
レスポンスの早さと正確さは営業マンにとって超大事です!
10:00 営業部会
テレビ営業グループのメンバーが週に一度集まって、情報共有や意見交換を行います。たまに笑いも飛び交うほど、とても雰囲気の良い会議です。
12:00 ランチ
感染対策に気を付けながらなるべく充実した食事をします。
13:00 社内にて収録の立ち合い
クライアントのネタを扱うスタジオ収録に立ち合い。クライアントの担当の方が来社することも多いので、番組側とクライアント側との間で、調整役として現場に立ち会います。
15:00 広告代理店にて打ち合わせ
担当の代理店にお邪魔し、現在進行形の仕事について話します。今はなかなかできませんが、私はオンラインよりも顔を合わせての打ち合わせの方が好きです。
16:00 担当クライアントへ
担当させていただいているスポンサーに出向き、最近のニーズをヒアリングしたり、企画書をお持ちしたり、とにかく密にコミュニケーションを取ります。いろんな業種の方々と知り合えて、その仕事についての話を聞けるのはとても楽しいです。
17:00 帰社
内勤デスクや部長に担当案件についての進捗を報告します。
18:00 退社
最近は仕事後、ジムや公園で体を動かしています。
石田大我とは?
  • 2013年入社 中間雄大

    2013年入社
    中間雄大

  • 大学時代100人を超える部員を束ねる野球部主将も務めた石田くん。KBCで働く今も、どストレートに自分の気持ちを伝える熱いスタイルを貫いている男です。恋愛においても同じようなタイプと聞いています。