職場紹介

テレビ営業局 営業部 今村 悠人

今村 悠人

所属:テレビ営業局 営業部
入社年度:2014年

所属部署の仕事を教えてください。

私の所属するテレビ営業部の仕事はお金を稼ぐことです。
皆さんが見ているテレビ番組に流れるCMがありますよね。
私たち営業部はそのCMの『枠』を販売してお金を稼いでいます。
販売方法としては基本的にクライアントに対して直接セールスするのではなく、広告会社の方々と一緒にセールスします。簡単なイメージで言うと、広告会社がCM制作をし、広告出稿の計画を立て、私たちは広告出稿にKBCのCM枠を使ってもらえるように自社枠を使った企画提案をします。もちろんクライアントに直接セールスすることもあります。売り物としては番組単体へのご協賛をいただくタイム(ご覧のスポンサーの…)と、指定された期間や時間内で複数のCMを流すスポット、そして放送とイベントが一体となった企画などなど、クライアントのニーズに合ったものを組み合わせ提案します。

写真電話をしながら調べもの。

自身の仕事・役割について教えてください。

なんども繰り返してくどいなーと思われる方もいると思いますが、私の仕事はお金を稼ぐことです。
そのために、私が担当するクライアント&広告会社に5局の中からKBCを選んでもらうことが与えられた役割と考えています。
各局のタイムテーブルには特色がありそれぞれの強みや弱みがあります。クライアントのニーズを汲み取り、ニーズに沿った提案をすることはもちろんですが、「人」と「人」が仕事をしているため選局には人間関係も大きく関わってきます。
私は「ちゃんと仕事をすること」はもちろんですが、自分らしく行動し、+αの人間関係を築くことを心掛けています。それがKBCで行こう!に繋がると思います。

写真食事中にもiPadで次の予定をチェック。

仕事におけるやりがいは何ですか?

クライアントや広告会社の方々に「KBCを使ってよかった」と言われる時がやりがいを感じる瞬間です。本当に一瞬ですがそこまでに険しい道のりがあったことを忘れさせてくれます(笑)。また趣味を仕事にできるのも放送局の醍醐味です。私は無類のミュージカル好きで、特に劇団四季が好きです。KBCの番組内での企画をクライアントと考え、番組サイドと調整し決まったときは本当に嬉しかったです。そしてOA後、クライアントと番組、両方から良い企画だったと言ってもらった時は一番気持ちよかったです。

写真広告会社の方々と中継の下見。

ズバリ!どんな人と働きたいですか?

偉そうに言いますが、何かしら自分の想いや考えを持っている人です。
私は営業しか経験がありませんが、営業スタイルに正解はありません。
つまり、自分の強い意志をもって行動していくことで正解が見えてくると思います。
これは制作や報道においても同じことがいえると思います。面白い番組を作りたい、何かを変革させたいという熱い想いを持った皆さん!エントリーお待ちしております!

とっておきのプライベートカットは?

写真広告会社と会社の後輩と余興をしたときの写真です。リズムタックルというネタです。

一日のスケジュール

時刻 仕事内容
9:30 出社
10:00 メールの確認や返信、企画書の制作等デスクワークを行う。
または社内調整の為、打合せを実施。
12:00 広告会社の先輩とランチ。ランチ中は仕事の話を1割。プライベート9割。
13:00 スポンサーへ自社制作番組の提案をするべく出陣。
その場で、決定を頂いたときは開放感。
14:30 広告会社Aへ。クライアントへの企画提案の相談・ニーズリサーチ。
そして一人一人と雑談。(仕事3割・雑談7割)
16:00 広告会社Bへ。提案済みの案件などの進捗状況確認など。
ここでも一人一人と雑談。長いときは2時間居座るときも!
17:30 帰社。外回りで得た情報を社内で共有。またクライアントや広告会社から出た要望を叶えるべく内勤と打ち合わせ。
18:30 クライアントor広告会社との会食。会食がないときはゴルフ練習へ。