職場紹介

報道局 スポーツ部 川原 潤一郎

川原 潤一郎

所属:報道局 スポーツ部
入社年度:2011年

所属部署の仕事を教えてください。

ホークスはもちろんのことJリーグ、ゴルフ、マラソン、高校野球などあらゆるスポーツのニュース取材、特集、中継業務を行なっています。「アサデス。」のスポーツ☆キラリや「シリタカ!」、また全国放送の「報道ステーション」などのスポーツコーナーで放送されるVTR制作を担っており、記者兼ディレクターとして日々取材・制作を続けています。時には、熱闘甲子園やFIFAワールドカップなどのディレクターとして全国放送のスポーツ番組に携わることもあります。スポーツ、アスリートの魅力や迫力を視聴者の皆さんに分かりやすく且つ印象的に伝えることがスポーツ部の仕事です。

写真ホークス戦の中継車でのディレクション

自身の仕事・役割について教えてください。

スポーツ記者兼ディレクターとして活動しています。仕事内容は大きく分けて二つ。一つはホークス戦などのスポーツ中継。失敗が許されない中継は、気を抜けない状態が続きます。スポーツは“一瞬”が勝負の世界なので「撮り逃したからもう一回」は許されません。その二度と来ることのない“一瞬”をどう演出できるかがディレクターの腕の見せ所です。だからこそ普段では味わえない緊張感の中で仕事ができる喜びがあります。
もう一つはアスリートや試合を取材し、番組内のスポーツコーナーで放送するVTRを制作すること。プレーの凄さやスポーツが与えてくれる感動、アスリートの魅力など、取材をしながら私が感じたことを、熱を冷ますことなく視聴者に届けることが使命だと思っています。

写真ホークス戦の現場取材

仕事におけるやりがいは何ですか?

人生をかけて日々闘っているプロアスリートや熱い気持ちで取り組む高校球児たちと接することで、刺激を受け自分自身が成長できることが大きなやりがいのひとつです。プライベートから仲良くさせてもらっているプロアスリートもいますが、話を聞けば聞くほど、想像を絶するほどのプレッシャーや苦労と向き合っています。それでも毎日、前を向いて表舞台に立ち続ける彼らを近くで見ていると、本当に多くのことを学ぶことができ自分も前を向いて頑張れるような気がします。そういったことを、放送を通じてひとりでも多くの視聴者に感じてもらえたらという想いが仕事のモチベーションにつながっています。

写真KBCオーガスタ 放送センターでのディレクション

ズバリ!どんな人と働きたいですか?

「自分にしか作れない番組がある」「困難なことほど燃えてくる」そんな強い想いを持って仕事に取り組み、先輩たちを突き上げるようなガツガツした人と働きたいと思うと同時に、私もそうでありたいと思っています。経歴や学生時代の功績などは関係なく社会人一年目のスタートラインは皆同じです。社会人として成長するためには前向きにひたむきに、そしてがむしゃらに仕事と向き合えるかどうかが大事だと思っています。

とっておきのプライベートカットは?

写真休日も野球やゴルフ。仕事もプライベートもスポーツ漬けの日々を送っています!

一日のスケジュール

時刻 仕事内容
13:00 ホークス戦の取材担当ディレクター・各番組と狙いやインタビュー内容の確認
14:00 後日予定されているホークス戦中継の資料作成
16:00 テレビ朝日へ当日のニュースの内容や尺の確認・調整
18:00 ~ホークス戦 試合開始~
社内モニターでホークス戦の映像を見ながらカメラの動きを随時連絡
18:30 「シリタカ!」用の原稿作成・VTR編集
21:00 ~ホークス戦 試合終了~
「報道ステーション」用の原稿作成・VTR編集
22:15 「アサデス。」用の原稿作成・VTR編集
24:00 退社