職場紹介

技術局 放送技術部 木之下 隆志

木之下 隆志

所属:技術局 放送技術部
入社年度:2001年

所属部署の仕事を教えてください。

放送技術部ではKBCテレビで放送されるすべての番組・CMの進行データ作成やVTRなどの素材管理を行い、そのデータに従って時間通りに正しく、放送として福岡タワーなどの送信所や系列局に送り届ける仕事を行っています。

写真メーカー打合せ

自身の仕事・役割について教えてください。

私は放送として送信所や系列局に送り届けるテレビマスター設備やその周辺機器の運用・メンテナンスを担当しています。現在使用しているテレビマスターは2020年度に更新を計画しています。放送を安全・安定して放送し続けるのは当然ですが、新しい情報技術にも目を向けて、より効率的で使いやすい設備の仕様を検討しています。

写真マスター室にて

仕事におけるやりがいは何ですか?

制作された番組・CMなどを放送するまでにはトラブルも含め、様々なことが起きていて、日々それらのことを解決しながら放送を行っています。KBCに入社するまで何気なく見ていたテレビを、何事もなく届けていることを実感できることがやりがいかなと思います。また大災害などの非常時は、放送予定を変更して特別番組が編成されます。その時は進行データをテレビマスターで変更する必要があり、なかなか普段味わえない緊張感があります。

写真設備更新の準備

ズバリ!10年後の目標は何ですか?

今は放送技術部でテレビマスター設備やその周辺機器の運用・メンテナンスや更新設備の仕様検討などを確実に取り組んで、経験を積んでいきたいと考えています。その結果、10年後には今よりも放送に関する技術的な経験・知識が深まっていればと思います。

とっておきのプライベートカットは?

写真癒しのひととき

一日のスケジュール

時刻 仕事内容
0:00 出社
1:00 メーカー担当者と作業内容に関して打合せ。放送休止時間が限られているので作業手順について詳細に確認します。
2:58 放送終了を確認して作業開始。放送に影響がないように放送が終了してから作業を開始しています。
3:30 今回はマスター周辺機器のオーバーホールを実施。基本的に設備は2重化されていて、同じ機器が複数台あり数日に分けて作業することがほとんどです。
4:00 機器の動作確認テスト。放送開始前にテストを行い、問題ないことを確認します。
4:45 放送開始。事前に動作確認をしていますが、毎回オープニングが放送されるかドキドキします。
6:00 メーカー担当者と作業後の打合せ
8:00 作業報告書を作成して退社

※深夜の機器保守点検の場合。通常は10時~18時の勤務ですが、深夜に機器保守点検を実施することもあります。