最新の放送内容

嬉野市 うれしの茶の魅力を世界に!スロベニアから製茶店女将に

2019年10月26日

第8回:10月26日(土)放送

「嬉野はスロベニアにもよく似ていて、すごく落ち着くところです。嬉野がうれしい!」
駄洒落が出るほど、嬉野での生活を満喫しているスロベニア共和国出身の徳永ヴェラさん(40)。日本文化に興味を持ち2001年に初来日。その後、大阪外国部大学(現在は大阪大学)に留学し、日本語を学んだ。留学中に夫の和久さん(41)さんと知り合い、2008年に結婚。その後は夫の実家である茶の製造販売「徳永製茶」の3代目女将として活躍している。

日本茶アドバイザー・茶育指導士の資格を持ち、地域の学校で指導もしている。
彼女のお茶への知識を頼りに、大勢のお客さんが集う。
常連客はそんなヴェラさんを「いつもニコニコして、日本人よりも日本人らしい」と口を揃える。

祖国スロベニアのカモミールとうれしの茶を独自配合したお茶を商品開発するなど、ヴェラさんのアイデアは、三代続くお店にも新たな風を吹かせている。

またヴェラさんは母国のスロベニア語に加え、日本語、英語を操り、そのコミュニケーション能力で嬉野と世界をつなぐ。夫の和久さんは「海外とのやり取りも増えてきているので、自分だけだと時間かかるが、彼女がいることでタイムリーに返信できて、とても助かっている」という。

ヴェラさんにとっての「S暮らす」は、“HAPPY!”。
「私の大好きなうれしの茶を世界中の人に知ってもらえたらハッピーです」

過去の放送内容