KBC水と緑のキャンペーンとは?

キャンペーン期間2021年5月4日(火・祝)~10月31日(日)

「KBC水と緑のキャンペーン」はKBC創立45周年記念として
1997年にスタートし、今年で25回目を迎えます。

テレビ・ラジオの各番組を通して、ふるさとの自然や食、環境の大切さを
エリアの皆様とともに考えてきました。

皆様からいただいた浄財は、新型コロナウイルス対策支援と
九州各地の災害復興支援に役立てさせていただきます。

今年も皆様からのご協力をなにとぞよろしくお願いいたします。

今年のテーマは『明日への一歩』

収束がなかなか見通せない
「新型コロナウイルス」。
医療現場からの悲鳴、
ワクチン接種などの課題に加え
こどもの学校生活や、
家族や友人とのつながり、
文化的な営みまで
さまざまな困難や、
社会の中の不均衡といった
問題を抱えています。

また、コロナ以前より警鐘が鳴らされている
地球温暖化による気候変動は、
今や「気候危機」と呼ばれるようになり
その深刻さを増しています。

私たちは、
福岡に位置する地域の放送局として
“ふるさと”という視点から、
人々の暮らしを足元から見つめ
日々、テレビ・ラジオで
番組を届け続けています。

コロナに負けず頑張っている人たち、
コロナで困っている方を支援する活動、
災害復興、防災・減災への取り組み、
SDGsの目標達成や、
新しい時代へ向けての挑戦、
そこには、
様々な知見やネットワークがあります。

今年の「水と緑のキャンペーン」では
私たちのふるさとが“かけがえのない”
ふるさとであり続けるために
「自分1人の力で何ができるのだろうか」
「何から始めたらいいのだろうか」
一歩を踏み出そうとしている
あなたの背中を押すようなヒントを
みなさんと一緒に、
前を向いて考えていければと思っています。

「明日への一歩」
小さくても、持続可能な未来へつながる
大きな変化を起こす、確実な一歩です。

「KBC水と緑のキャンペーン」
25年目の今年も、元気にお届けします。