放送内容

宮崎県小林市『徳永農園』の“フルーツシロップ”をご紹介!

2020年05月29日

[番組で紹介した情報]

『徳永農園』 とは?

『徳永農園』は宮崎県小林市にあります。徳永篤さんが代表です。徳永さんは以前食品加工メーカーに約10年勤められ、そこで“ドライフルーツ”の加工などを経験されました。2014年にお父様がお亡くなりになり、農業を継がれ、農業の六次産業化を積極的に取り組んでこられました。(※2015年9月21日“ドライフルーツ”を紹介)
当時は「農業が嫌いで、継ぐ意思はありませんでしたが、父が亡くなり、若い目線で農業を取り組んでいこうと決心しました。」とおっしゃっていました。農業に取り組まれて、すぐに“栗”や“柚子”の苗木を定植するなどの取り組みをされています。栽培方法も可能な限り農薬・化学肥料を使用しない栽培を心がけておられるということでした。農業の六次産業化として取り組まれた“ドライフルーツ”も自家製の果物を中心に製造されてきました。一般的に“ドライフルーツ”に使用される“砂糖”の使用も避け、無添加、素材にも十分に注意し加工をされてきました。

川上「宮崎の小林市は良い所ですよね~自然豊かで!水もきれいだし!」
中野「徳永さんは栗、柚子、ブルーベリー、キウイなどを生産されていて、その他は宮崎産のフルーツを使って“ドライフルーツ”や“フルーツシロップ”を作られています」

“フルーツシロップ”とは?

川上「おしゃれな瓶に入っていますね!」
中野「8倍に希釈して飲めるシロップで、マンゴー・日向夏・キウイ・レモン・柚子ジンジャーの5種類あります!」
川上「宮崎ですから、マンゴーや日向夏が有名ですよね!日向夏の白い皮の所が美味しいんですよね?!」
中野「日向夏の白皮を、わさび醤油に付けて食べるんですよ!」
三人「え~~~~!!」
中野「美味しいですよ!僕も頂きましたけど。その日向夏をシロップにされています」
川上「夏場なんか、冷たいお水で薄めても美味しいし」
中野「炭酸でも美味しいと思います」
後藤「マンゴー頂きます!濃いです!果肉も入っています!!」
川上「日向夏を頂きます!美味しい!」
中野「日向夏自体が美味しいですからね」
陽区「キウイを頂きます!粒粒が入っていてキウイの断面みたい!スッキリ爽やかです」
中野「果物そのままの味が味わえると思います」

“フルーツシロップ”は現在は5種類(マンゴー・日向夏・キウイ・レモン・柚子ジンジャー)があり、今後酒類も増やしていくそうです。「マンゴーやキウイの“フルーツシロップ”は果肉も潰して入っています。今後は“ドライフルーツ”は注文のみとして、“フルーツシロップ”中心に展開していこうと思っています。」とのこと。
『徳永農園』も今回、新型コロナウイルスの影響を大きく受けられています。これまで自社製の商品をイベントや百貨店などの催事で自販されることが多かったため、販売できる機会が大幅に減少しました。徳永さんのお話では、「今は“フルーツシロップ”を中心に販売していますが、売る場所がなくなり、売上が大幅に減りました。」とのことです。

中野「パンなど他の事業者さんとのコラボなど、僕もお手伝いしています」
川上「美味しい物と美味しい物をくっつけて、もっと美味しいものが出来るってわけですね!」
中野「タイミングが合う時は美味しいものがどんどん生まれてきます!」
川上「このシロップだと、もっと美味しいものが誕生しそうな気がします!」

●連絡先●『徳永農園』 宮崎県小林市須木奈佐木4095-24           
      TEL: 0984-48-3977
      HP:http://tokunaganouen2608.com/
   
後藤「これ贈り物にしたらすごく喜ばれそう!」
川上「瓶も箱もおしゃれだし!」
中野「オンラインショップがあります!是非!!」
川上「来週は?」
中野「長崎市の『長崎珍味』をご紹介します!」

MAP

徳永農園
  • 宮崎県小林市須木奈佐木4095-24

  • 0984-48-3977

過去の放送内容