MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

宅配・テイクアウト・お取り寄せリスト

ANNOUNCER

新着ブログ記事

両国花錦闘士 原嘉孝さん、浅生博一さん

2021年01月22日

奥田 智子

博多座で1月17日からはじまった「両国花錦闘士」(りょうごくおしゃれりきし)。 いろいろあった。 急遽、主役が交代したのは記憶に新しい。 で、大抜擢されたのがジャニーズ・Jrの原嘉孝さんだ。 ジャニーズ事務所にはいって10年。 最近は舞台での活躍が目立つ25歳。 本当は主人公の兄の役で出る予定だったのだが、 なんと土俵の真ん中に「まわしひとつで」躍り出た。 「ほとんど裸で2時間舞台に上がる、はじめてのジャニーズ所属タレントじゃないでしょうか?」 実は人知れず筋トレはやっていたという。 「筋肉は、答えてくれるからうれしいんです」 さすがに盛り上がった筋肉は、見事としか言いようがない。 よっ!有言実行男! 実はこの企画、 明治座・東宝・劇団☆新感線という テイストも顧客層も違う興行団体に所属する若手プロデューサーが 次世代の観客を開拓すべくタッグを組んだプロジェクト。 その中の一人、浅生博一さんは劇団☆新感線の企画宣伝担当。 「新幹線も結成40年を迎え、新しい客層を獲得したい、という思いがあった。  いのうえひでのりさんらから教えていただいたことを大切にしながら  新しい路線を探りたい」 と鼻息は荒い。 確かに、舞台はギャグ満載。 踊りや歌もたっぷりでスピード感も劇団☆新感線をほうふつとさせる。 しかも相撲には最大の敬意を払い、 所作や心得などは本物仕込み。 相撲あるある、がストーリーにちりばめられている。 デーモン閣下のテーマソングに乗せられて知らず知らずのうちに心も体もウキウキ。 昨年九州場所がなかった分寂しい思いをした福岡で 思い切り土俵の華を咲かせてほしい。 博多座公演は28日大千秋楽。 *お二人のインタビュー「サトコノヘヤ」(1月24日放送)はKBCのホームページでお聞きいただけます。

Instagram