MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

宅配・テイクアウト・お取り寄せリスト

ANNOUNCER

新着ブログ記事

6月になりましたネ

2020年06月03日

平川 尚子

我が家のバラは一通り咲き終わり 今度はハイビスカスにつぼみが付き始めました(^^) 今日にも梅雨入り、といわれていますね。 私が子供のころ、東京にいたせいもあるのでしょうか 梅雨の頃はジメジメしていたものの肌寒かったのを覚えています。 現在の福岡、とても上着を羽織るような気候ではありませんネ・・ さて、今日は釜山の洪さんの話。 アサデスラジオにご登場いただいたのは4月の終わりですから ずいぶん時間が経ちました。 現在の韓国は、再び感染者が増え大流行も懸念されていますね。 洪さんは、釜山で通訳・翻訳・出版業など手掛ける方です。 日本語ペラペラ、穏やかな口調で、声がイイ!素敵なんです。 以前、釜山映画祭の時期に、私たち家族で洪さんを訪ね 案内してもらったことも。大切な友人のひとりです。 洪さんにお話を聞いたとき、まだ油断はできないけれど、 感染者の増加が落ち着き、街に人が戻ってきた頃でした。 感染者が劇的に減ったのは 「政府と市民ができることはすべてやってきた」から。 政府、発生初期にはボランティアで大邱に駆け付けた医療従事者 そして国民ひとりひとりの連係プレーの成果です。 洪さん自身は症状がないので検査は受けていないそうですが 常にスマホのGPSをONにして、万が一感染したとき追跡できるようにしているそう。 発生時期も感染抑止も2波の到来も、日本の一歩先行く韓国から 学ぶべきところは学ぶ、そんなスタンスであっていいと思います。 洪さん、日本にはもっと検査をしてほしいと話していましたが ようやくそんな体制が取られつつありますね。 日本には1000人以上のお知り合いがいらっしゃるそうで 飛行機が飛ぶようになれば(入国できるようになれば) すぐにでも日本へ、会いに行きたい、と。 あとどのくらいでしょうかね。待ち遠しいです。