番組概要

九州はもちろん、世界中にキラキラ輝く、人と食と文化が溢れています。

1,000人を超える生産者と深い繋がりを築いてきた中野ユキヒロさんの宝石箱から、一つづつ紹介して頂きます!今日は、どんなキラキラなお話しが聞けるでしょうか?

最新の放送内容

福岡県宗像市『宗像海人(あま)食堂やっさん』をご紹介!

2020年07月31日

[番組で紹介した情報]

代表の七田康彦(シチダ・ヤスヒコ)さんとは?

『宗像海人食堂やっさん』は、福岡県宗像市上八にあります。代表の七田康彦さんと奥様の真理子さんを中心に経営されている飲食店です。代表の七田さんは宗像市漁業協同組合鐘崎支所に所属する漁師で、現在は遊漁船を中心に「はえ縄」や「一本釣り」もされているそうです。

川上「やすひこさんだから『やっさん』ですか?」
中野「そうです。『やっさん』とか『やっしん』とか呼ばれているそうで、そのままニックネームがお店の名前になったかんじですね。僕も魚釣りで船に乗せてもらって、鯛を沢山釣りました!」

七田さんは漁家の5人兄妹の生まれ。七田家は代々、家族で“ふぐ”の延縄漁を中心に漁業を営まれてきました。「ふぐの延縄漁を中心にやってきましたが、阪神淡路大震災で大きなフグの消費地の関西地方が被害を受け、フグの魚価が暴落、その他の魚価も下がってしまったため、遊漁船中心に変えました。」とのこと。七田さんの船の船名『POLARIS(ポラリス)』「本当は“第八わかしお丸”という名前にしたかったのですが、中古船(それでも家が一軒買える価格!)の船名をそのまま使いました。安上りでしたので…(笑)」とのこと。
七田さんは漁業が最盛期の頃は、東シナ海などの遠洋への漁にも乗組員として出漁されていたそうです。「私は乗組員の皆さんの“食事担当”で乗船していました。長い時は10日~2週間の漁で、乗組員の皆さんは一日休漁の日もありますが“まかない係”の私は休みなしです…(笑)」とのこと。

【『宗像海人食堂やっさん』 とは?】

現在のお店の創業は、5年ほど前、福岡市にある知人の病院がスタッフの為の福利厚生活動の一環として宗像周辺で行事をされた際、バーベキュー等でお手伝いをされたことが切欠となったそうです。現在、飲食店で料理を提供できるのは、七田さんに「まかない担当」の経験があったことと、奥さんの真理子さんも福岡市内で中華料理店を経営されている叔父さんのお手伝いをされていたからだということです。

MAP

宗像海人食堂やっさん
  • 福岡県宗像市上八(コウジョウ)757-1

  • 11:30~15:00 / 17:30~21:00(夜は予約のみ対応)

  • 火曜・第3水曜

過去の放送内容

プロフィール

  • 中野ユキヒロ

    中野ユキヒロ商店 代表
    (元「九州のムラ市場」運営部長兼店長)
    1960 年生まれ。
    福岡県直方市出身。

    大阪辻調理師専門学校卒業後、和食専門店を経て、魚料理への興味からスーパーの鮮魚売り部門の責任者に。その明るさと陽気なトークで名物社員となる。
    その後、2004 年、(株)九州のムラ市場に入社。店舗立ち上げや運営に携わりつつ、仕入れ業務も担当。消費者と生産者&地域を繋ぐ、活気を生み出す交流の場を築き上げる。
    2013 年3 月、(株)九州のムラ市場を退社後、独立。「中野ユキヒロ商店」として、九州各地の食・食文化・人を応援する活動を積極的に行っている。九州はもちろん、世界中の農家さんや加工事業者さん、地域づくり団体とのネットワークを持つ。

絶賛販売中!

  • 中野ユキヒロさん原案、徳永玲子さんが文を手掛けた食育絵本、販売中!

    生産者の思いを伝えたいと願う中野さんと、長年絵本の朗読で、子供はもちろん大人までをも笑顔にしてきた徳永さんが出会い、トマトが出来るまでのいのちの物語、農家のおじさんの愛情物語『トマトくんのありがとう』が誕生しました。
    小さなお子様から大人まで楽しめて、きっと新しい発見があるはずです。
    ぜひ、一度手に取ってみてください!