放送内容

絣越しの風景(福岡県久留米市)

2020年10月11日

国の重要無形文化財に指定されている久留米絣。
その久留米絣技術保持者である松枝小夜子さんは、35年前にご主人の哲哉さんと結婚して、この道へ進んだ。

絣とは、糸を紐で括り、藍で染め上げることで生み出される青と白の文様のこと。
その行程は36もあり、縦糸と横糸の組み合わせで生み出される。

150年以上続く松枝家の久留米絣。
小夜子さんは夫の哲哉さんと伝統を守り続けてきた。
しかし今年7月、哲哉さんが他界。

それでも伝統の久留米絣を守り続けるために、活動を続ける小夜子さん。
息子の嵩弘さんも仕事をやめ、久留米絣を伝承することを決めた。

工房の庭に干される久留米絣。その先には美しい久留米の景色が広がる。
それは、これまで哲哉さんと一緒に見てきた風景で、これから嵩弘さんと共に見ていく風景。

過去の放送内容