MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

宅配・テイクアウト・お取り寄せリスト

放送内容

0,1ミリの微調整(福岡県大川市)

2021年10月10日

家具の町・大川市にある桐里工房。
3代目の稗田正弘さんは、「大川の匠」にも認定されている家具職人で、現在は主に「総桐箪笥」を作っている。

戦後に大きな繁栄をみせた大川家具だが、現在は需要が減りつつある。
稗田さんが作る総桐箪笥も、家庭で目にすることが少なくなってきた。

それでも稗田さんは総桐箪笥にこだわり、家族と共に商品を作り続けている。
古くなった桐箪笥の再生や、時代に求められるデザインを探求することで、大川市の桐箪笥文化を、未来にも繋げていこうとしているのだ。

そんな稗田さんが未来に残したい風景は「風浪宮の大楠」。
樹齢1800年といわれる大楠は、ご神木として地域を見守ってきた。
先代にあたる稗田さんの父は、雷で大楠の枝が折れたときに、その枝を使って箪笥を作成したという。

現在は息子である4代目と共に、桐箪笥を作る稗田さん。
時代の変化で逆境に立たされる時も増えてきたが、そんな時こそ大楠を訪れ、力を貰っているという。

過去の放送内容