MAP 閉じる

検 索 閉じる

番組検索

番組キーワードから探す

番組名から探す

KBCマップ

エリア

辛いものマップ

動画

『漠然とした不安』 専門家に聞く”新型コロナ”への備え

アサデス。TV(ニュース)

2020年02月28日

新型コロナウイルスが日本で感染拡大する中、街の人たちも漠然とした不安を抱えています。「新型コロナウイルス検定」をHPで公開し感染症対策に取り組む、感染症専門医・山口征啓医師に”新型コロナ”の正しい知識を伺いました。


質問「いろんな不安の声が出ています、結局何が効果的な対策なのか分からない、うがいなのか手洗いなのかマスクなのか、どういった方法が良いのでしょうか」

山口医師「これは予防という意味ではしっかりご飯を食べてゆっくり休んで、無理をしないことが重要です。それから移さないという意味では、手洗いと咳エチケット、特に症状があるときにはマスクをつける、あるいはティッシュで覆う、こういうところが一番重要になります。」

質問「いま市場からマスクが消えてしまっている状況ですが、マスクというのはどうでしょうか?」

山口医師「ご自分に症状があるときには非常に有効な方法ですが、最近の誤解は、無症状の方がマスクをつけてもほとんどメリットはありません。特にいまマスクが手に入らない状況なので、そういう方は使用を控えて頂いて、必要な方にマスクが手に入るようにしていただければと思います。」

質問「いまマスクが出回っていないですから中々入手できず、ついついマスクを何日も何度も使用してしまう方もいらっしゃると思うが、そういう使い方はどうでしょうか。」

山口医師「本来的には良くないですし、我々が病院で使う場合はインフルエンザの方などもお部屋に入って処置をして、すぐその場で外します、(菌が)付いていますから。ただ、マスクが手に入らない状況になってくると、そういう使い方を考慮しないといけないかもしれません。」

質問「『今後1〜2週間が瀬戸際』ということですが、この期間どのように生活していけばいいのですか?」

山口医師「コロナウイルスはやはり近いところで移る事が多いので、1〜2メートル以内による、そして長く話し込む、大勢で集まる、こういう所がリスクです。ですから人が集まる所に行くことは避けて頂きたい。ただ1〜2メートル間が空いているような広い空間に行くなど、そういう外出は全然問題ないですが、特にリスクが高い高齢者の方というのは人ごみに行くのは避けて頂きたい。」

質問「学校が休みになって子どもたちがずっと家にいなきゃいけない、ということではないということでしょうか?」

山口医師「そうですね、そういう所でなければ良いと思いますが、子供さんも言うことを聞いてくれるかなどの問題もありますので。」

質問「人ごみは避けるということですね。そしてもう一度皆さん確認してください、風邪の症状・37.5度以上の発熱が4日以上続く場合や、強いだるさ・息苦しさが高齢者など2日程度続く場合は[帰国者・接触者相談センター]にぜひ自分の症状を含めて相談をしていただきたいと思います。」

山口医師「追加ですが、発熱や風の症状が3日以内の場合、普通の風邪や高熱が出た場合はお近くのクリニック等にかかって頂いたらと思います。4日以上症状が出た場合に疑いが出るということです。今回、1〜2週間外出を控えるということで、何とか流行を抑えたいとみんな頑張っていますので皆さんも大変だと思いますが是非ご協力を頂ければと思います。」

の動画一覧

    • YouTube KBC公式チャンネル
    • KBC映像販売